念動力 (サイコキネシス)


念じることで、オーラを用い離れた場所の物体を動かしたり壊したりする能力。変化 放出 操作系能力。テレキネシス。
一般人にはオーラは見えないので、この念による能力現象が「接触せずに物を移動・破壊」しているように映る。





念能力用語

オーラ       □念能力       □四大行       □応用技       □制約と誓約     
攻防力       □複合能力      □射程距離      □六性図

念弾        □念獣         □念空間        □憑念         □除念(師)

念動力       □発火能力      □瞬間移動能力   □接触感応能力  □精神感応
予知能力     □催眠能力      □遠隔視能力     □念写         □能力吸収

MOP        □POP         □AOP









SIDE MENU

トップページ
このサイトについて
サイトマップ
念能力用語
Q&A

六性図

強化系
変化系
放出系
具現化系
操作系
特質系

能力一覧

 ・ア行
 ・カ行
 ・サ行
 ・タ行
 ・ナ行
 ・ハ行
 ・マ行
 ・ヤ行
 ・ラ行
 ・ワ行

能力の修得

修得率と威力・精度
オーラの数値化
Lv(レベル)の概念
容量(メモリ)の概念

CONTACT

メールフォーム

ACCESS COUNTER