謝債発行機 (レンタルポッド) 


 
 【能力者】 レオル(ハギャ)
 【系 統】 特質・具現化系
 【解 説】 対象者に恩を売り、その見返りとして対象者の特殊能力を一時的に借りることが出来る能力

@相手の特殊能力を実際に見るか能力名を知る
Aその後 相手に恩を売り、”貸し”であることを確認しそれに対して相手が同意する

この二段階の条件が整うと、具現化した発行機に対象者の名前・能力名・レンタル回数などのデータが自動的に記録され、いつでも確認できるようになる。ただし相手が死亡した場合データは削除される。
相手から借用した特殊能力を使用するには発行機で対象能力の券を発行し、それを破ることで能力が発動する。
レンタル期間は一回一時間。レンタル中は対象者はその特殊能力が使えなくなる(基本的な念能力などは使える)。
また一度レンタルを開始すると制限時間までは他の能力に変えたり解除することができない可能性が高い。

レンタルした能力の使用時間・回数に制限があるため、元の能力者以上の使い手になるのは困難である。
また制限時間があるため憑ける念や生物操作、状態異常などの持続・維持することで効果を発揮するタイプの能力には向かない。




ラ行

大和撫子七変化(ライダーズハイ)
天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)

廻天(リッパー・サイクロトロン)
一握りの火薬(リトルフラワー)
死体と遊ぶな子供達(リビング・デッド・ドールズ)

七色弓箭(レインボウ)
謝債発行機(レンタルポッド)







SIDE MENU

トップページ
このサイトについて
サイトマップ
念能力用語
Q&A

六性図

強化系
変化系
放出系
具現化系
操作系
特質系

能力一覧

 ・ア行
 ・カ行
 ・サ行
 ・タ行
 ・ナ行
 ・ハ行
 ・マ行
 ・ヤ行
 ・ラ行
 ・ワ行

能力の修得

修得率と威力・精度
オーラの数値化
Lv(レベル)の概念
容量(メモリ)の概念

CONTACT

メールフォーム

ACCESS COUNTER