気狂いピエロ (クレイジースロット)


 
 【能力者】 カイト
 【系 統】 具現化系
 【解 説】 基点となるピエロの口の中の、1から9のルーレットの出た目によって武器を具現化する能力。戦闘・攻撃型能力。なおピエロは術者の意思とは無関係に喋り出す。
具現化できる武器はスロットにより無作為(ランダム)に決定され、一度出した武器は使用しない限り 他の武器に代えることも消すことも出来ない。
判明している武器は 2番・大鎌  3番・杖? 4番・銃 のみ。それぞれの武器ごとに固有技・特殊効果がある。

通常 相対した敵の能力や数、戦況によって”有効な武器(能力)”は変わるものだが、「自分の意思で自由に選択できない」ことを制約として能力を強化している。

 【固有技】 ・死神の円舞曲(サイレントワルツ)
2番・大鎌の技。自身を中心とした半径10mほどを 横薙ぎに一刀両断する技。この大鎌で使えるのはこの技のみ。
対集団戦において周囲を包囲されたとき等を想定した技。 敵集団を一閃のもとに屠る威力を持つ。
ただし味方も含む乱戦等の場合には使いどころが難しい。





気狂いピエロについての考察


 
 『気狂いピエロ』の性能を表したレーダーチャート 
・スロットの出た目により異なる武器を具現化する能力。 戦闘・攻撃特化型能力。 武器は全9種類。 スロットは無法則(ランダム)で決定されるが各数字の出現確率がすべて均等というわけでもないようだ。

・発動にはスロットを回さなければならないので速効性に欠ける。 そのため奇襲や不意打ちはするのもされるのも苦手。 敵の攻撃に対する反撃も一瞬(ワンテンポ)遅れる。 またピエロが勝手に喋くりまくるため隠密性が低く狩り(ハンティング)や暗殺にも向かない。 敵と真っ向から闘う「戦闘用」の能力。

・9種もの武器があるが作為的に選べないので使い勝手はかなり悪い。その分 攻撃力や効果範囲を”特殊能力”というかたちで拡充しているようだ。

・戦闘用能力であるにも関わらず”スロットを回す”などという時間的・工程的なリスクは、戦闘中においては致命的になりかねない。 同じく発動まで時間のかかるボノレノフの戦闘演武曲 攻撃対象が限定されているクラピカの束縛する中指の鎖など、戦闘型の具現化系能力はクセが強いのが特徴か。


カ行

命の音(カウントダウン)
紙を操作する能力
神速(カンムル)

記憶を読み取る能力
神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)

傀儡子(仮称)
グリードアイランド
気狂いピエロ(クレイジースロット)
流離の大俳人(グレイトハイカー)

形態変化

コイン弾







SIDE MENU

トップページ
このサイトについて
サイトマップ
念能力用語
Q&A

六性図

強化系
変化系
放出系
具現化系
操作系
特質系

能力一覧

 ・ア行
 ・カ行
 ・サ行
 ・タ行
 ・ナ行
 ・ハ行
 ・マ行
 ・ヤ行
 ・ラ行
 ・ワ行

能力の修得

修得率と威力・精度
オーラの数値化
Lv(レベル)の概念
容量(メモリ)の概念

CONTACT

メールフォーム

ACCESS COUNTER