舞闘独楽 (ぶとうごま)


 
 【能力者】 ギド
 【系 統】 強化・放出・操作系
 【解 説】 術者自身と独楽の強度及び回転力を高め強化する能力。 戦闘・攻防一体型の能力。
オーラを込められた独楽は数時間以上回り続け、回転力も相まってかハンマーでの殴打並みの攻撃力を持つ。
強化・放出・操作系の複合能力であるが、術者は強化系能力者のために操作系能力の威力・精度が低くなってしまっている。

【派生技】 ・戦闘円舞曲 (戦いのワルツ)
限られたエリア内に最大50近くの独楽を放ち、接触した対象物を回転力で弾き飛ばす。範囲効果技。
独楽たちは範囲内で不規則に回り続け、ぶつかった邪魔者を弾き飛ばす。独楽自体が『邪魔者』を認識しているわけではなく、エリア内にいる敵に偶然当たったとき始めて『攻撃』になる。そのため技の効果もランダムになる。

・竜巻独楽
術者自身がオーラを纏い高速回転することで独楽と化す技。その回転力で自身への攻撃までも弾く攻防一体の奥義。 「独楽」であるため横からの攻撃には強いが、真上や足場からの攻撃には弱い。

・散弾独楽哀歌(ショットガンブルース)
十数の独楽を連続で標的へと一直線に放ち攻撃する技。主に竜巻独楽からの連携として使用する。
念弾の一種とも言えるが威力は低い。




ハ行

神の不在証明(パーフェクトプラン)
4次元マンション(ハイド アンド シーク)
天上不知唯我独損(ハコワレ)
戦闘演武曲(バト・レ=カンタービレ)
針(鋲)を操る能力(仮称)
伸縮自在の愛(バンジーガム)

超破壊拳(ビッグバンインパクト)
百式観音

不思議で便利な大風呂敷(ファンファンクロス)
舞闘独楽(ぶとうごま)
暗黒の鬼婦神(ブラックウィドウ)
携帯する他人の運命(ブラックボイス)
黒い賢人(ブラックゴレイヌ)  白い賢人(ホワイトゴレイヌ)

許されざる者(ペインパッカー)
蠅の王(ベルゼブブ)

癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)
暗い宿(ホテル・ラフレシア)








SIDE MENU

トップページ
このサイトについて
サイトマップ
念能力用語
Q&A

六性図

強化系
変化系
放出系
具現化系
操作系
特質系

能力一覧

 ・ア行
 ・カ行
 ・サ行
 ・タ行
 ・ナ行
 ・ハ行
 ・マ行
 ・ヤ行
 ・ラ行
 ・ワ行

能力の修得

修得率と威力・精度
オーラの数値化
Lv(レベル)の概念
容量(メモリ)の概念

CONTACT

メールフォーム

ACCESS COUNTER