天上不知唯我独損 (ハコワレ)


ポットクリン 
 【能力者】 ナックル=バイン
 【系 統】 放出系
 【解 説】 自分のオーラを相手に強制的に貸し付け、破産させることで念能力を封じる能力。 複数の相手に使用可能。
術者が被対象者に攻撃を命中させることで能力が発動。能力のマスコット・ポットクリンが相手に取り憑く。
術者が被対象者に貸し付けたオーラは『10秒1割(トイチ)』で利息が増え続け、相手の借り入れオーラ量(利息含む)が潜在オーラ量(POP)を越えた時、ポットクリンがトリタテンに変身し破産者に30日間 憑き纏う。その間は被対象者は「絶」状態になり、一切念能力が使えない。

発動中は能力者・被対象者双方間での攻防でダメージを受けることが無く、能力者側の攻撃は追加貸付分、被対象者側の攻撃は利息返済分に廻される。
解除条件は 術者の意思か意識喪失、術者側のオーラ貸付量を上回るオーラを被対象者が”返済”すること。

ポットクリンは被対象者の近くで利息のカウントを告げるのみ。無害だが、自身への攻撃を無効化する。
術者から100メートル離れると利息のカウントは止まるが、能力そのものは解除されず、大まかな現在位置を把握されてしまう。
なお術者の意思でポットクリンは解除できるがトリタテンは解除できない。

※相棒・シュートの「暗い宿(ホテルラフレシア)」が「相手を傷つけることで発動する能力」であるのに対し、この能力は「相手を傷つけない能力」であるのが対比的である。




天上不知唯我独損(ハコワレ)ついての考察


 
 天上不知唯我独損(ハコワレ)・ポットクリン』の性能を表したレーダーチャート
(詳細は→念獣へ)
・相手の念能力を封じる”能力封じ”の能力。 相手に自分のオーラを貸し与えておきながら 最終的には能力を封じる(はさんさせる)という悪徳債権業者のような念能力。 『破壊力』は皆無なものの 発動中は敵の攻撃もすべて無効化する。

・能力の発動は『ポットクリンの憑依』 『トリタテンへの変身』との二段階がある。
『ポットクリンの憑依』の効果が「術者・対象者間での肉体的ダメージの無効化・双方間でのオーラの移動」。 『トリタテンへの変身』の効果が「対象者の念能力使用不能」となっている。 持続・進行型の能力効果であるため長期戦になるほど術者側は有利となる。

術者本体(ナックル)から離れれば利息のカウントは止まるが能力そのものは解除されない。ということは潜在オーラ量(POP)が借り入れオーラ量を下回るようなオーラを大消費する技が使い難くなる。

・クラピカの束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)は捕まえてしまえば相手の能力を即効で無力化できるが 天上不知唯我独損は性質上 無力化=トリタテンに変身させるまで一定時間がかかる。 ただ一度発動してしまえば持続時間が30日と非常に長い。

・術者は念弾などの遠隔攻撃技は持っていないので 能力の発動前・後に関わらず、戦闘は近接格闘によるヒット&アウェイになる。 ポットクリンとの相対距離100メートルを保っていれば利息アップしていくので 距離を保っての逃走もできる。

・ポットクリンのカウンターで計るとナックルの通常攻撃力は300オーラ前後。 ゴンのジャジャン拳『グー』は約4000オーラであることからすると その攻撃力は余り高いとは言えないようだ。

・完全に対人 対念能力者を目的とした能力。 ”能力封じ”は強力である反面 それ以外に使い道が無いのも欠点。 最初から念能力を持たない者に対してはまったく意味のない能力でもある(只の一般人でも”(ゼツ)”を使えるようにはなるが)。

・ポットクリンを複数の対象者に憑けることもできるようだがルールがあるようだ。
  ナックル・モラウ組のヂートゥ討伐戦において能力を発動・ポットクリンを取り憑けたわけだが  この時点で別にゴンとカイトにそれぞれトリタテンを憑けている。つまり同時刻 能力を発動させている相手は計3人いる。
コミックス21巻 No.221 「再会A」より
遭遇したヂートゥにポットクリンを憑けるナックル

    王と共にいるプフが もし別行動を取り出した際 既にプフに憑けているポットクリンを解除し王に対して再発動しなおすことを思案している。
この事からするとポットクリンを同時に複数の対象者へ憑けることはできないようだ。
コミックス29巻 No.304 「魔法」より
群集に紛れ 王とプフの様子を伺うナックル

これらの事から推察すると天上不知唯我独損(ハコワレ)で複数の相手の能力を封じることはできるが ポットクリンの発動は”同時にはできない”。 つまりポットクリンを一度 憑けた以上はトリタテンに変身させておかないと、新たに別の対象者へ再発動することができないと思われる。

・ポットクリンを同時に出せないとなると 「一対一(タイマン)」専用の能力ということになる。対集団戦にはどうしても不向きであるし、作中でも逃走中のヂートゥに憑けていた間 ナックルは(ヂートゥのポットクリンを解除しなければ)能力を使えなかったということになる。


ハ行

神の不在証明(パーフェクトプラン)
4次元マンション(ハイド アンド シーク)
天上不知唯我独損(ハコワレ)
戦闘演武曲(バト・レ=カンタービレ)
針(鋲)を操る能力(仮称)
伸縮自在の愛(バンジーガム)

超破壊拳(ビッグバンインパクト)
百式観音

不思議で便利な大風呂敷(ファンファンクロス)
舞闘独楽(ぶとうごま)
暗黒の鬼婦神(ブラックウィドウ)
携帯する他人の運命(ブラックボイス)
黒い賢人(ブラックゴレイヌ)  白い賢人(ホワイトゴレイヌ)

許されざる者(ペインパッカー)
蠅の王(ベルゼブブ)

癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)
暗い宿(ホテル・ラフレシア)







SIDE MENU

トップページ
このサイトについて
サイトマップ
念能力用語
Q&A

六性図

強化系
変化系
放出系
具現化系
操作系
特質系

能力一覧

 ・ア行
 ・カ行
 ・サ行
 ・タ行
 ・ナ行
 ・ハ行
 ・マ行
 ・ヤ行
 ・ラ行
 ・ワ行

能力の修得

修得率と威力・精度
オーラの数値化
Lv(レベル)の概念
容量(メモリ)の概念

CONTACT

メールフォーム

ACCESS COUNTER




PICK UP


ファイト・クラブ [Blu-ray]
ファイト・クラブ [Blu-ray]

闇金ウシジマくん(1): 1 (BC)
闇金ウシジマくん