蠅の王 (ベルゼブブ)


 
 【能力者】 シャウアプフ
 【系 統】 蟻としての特性
 【解 説】 自分の体を最小ナノサイズまで分解し、様々な大きさ・数に分割することが出来る能力。ただし司令塔となる「本体」は最小でも蜂程度の大きさを維持しなければならない。分裂体のサイズが小さいほど、個々のスピード・パワーも落ちていく。
単体生物では無く、約100兆匹からなる極小生物群の集合体「群体生物」としての特性。
攻撃を受けても分裂・結合し打撃・斬撃などの通常攻撃をほぼ無効化する。反面、電撃など細胞単位でダメージを与えるタイプの特殊攻撃には弱い。
細胞レベルでの分裂が可能のため、顔・骨格・声帯を模倣・再構築し他者に「変身」することもできる。
”通常体”の外郭だけで構成された”分身”を作り出すこともできる(最大7体まで)が、「本体」を含まない分身の戦闘力は半減し、鱗粉なども扱えない。

また護衛軍であるシャウアプフは本来 電波通信が使えないが、自分の分身同士となら通信可能であり、同様に通信できない王と護衛軍の連絡役をも果たす。




ハ行

神の不在証明(パーフェクトプラン)
4次元マンション(ハイド アンド シーク)
天上不知唯我独損(ハコワレ)
戦闘演武曲(バト・レ=カンタービレ)
針(鋲)を操る能力(仮称)
伸縮自在の愛(バンジーガム)

超破壊拳(ビッグバンインパクト)
百式観音

不思議で便利な大風呂敷(ファンファンクロス)
舞闘独楽(ぶとうごま)
暗黒の鬼婦神(ブラックウィドウ)
携帯する他人の運命(ブラックボイス)
黒い賢人(ブラックゴレイヌ)  白い賢人(ホワイトゴレイヌ)

許されざる者(ペインパッカー)
蠅の王(ベルゼブブ)

癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)
暗い宿(ホテル・ラフレシア)








SIDE MENU

トップページ
このサイトについて
サイトマップ
念能力用語
Q&A

六性図

強化系
変化系
放出系
具現化系
操作系
特質系

能力一覧

 ・ア行
 ・カ行
 ・サ行
 ・タ行
 ・ナ行
 ・ハ行
 ・マ行
 ・ヤ行
 ・ラ行
 ・ワ行

能力の修得

修得率と威力・精度
オーラの数値化
Lv(レベル)の概念
容量(メモリ)の概念

CONTACT

メールフォーム

ACCESS COUNTER